DIARY

9 MONTH AFTER / SEMI-DRESS

By 2020年9月30日 No Comments

2020年の幕開けと同時に履き始めたSEMI-DRESS。兼ねてより愛用中の4Q CHUKKA4Q FOREMANとのローテーションに加わり幾年過ぎ………。

指折り数えると9ヶ月目。ご覧の通り実にいい塩梅にヤレてきた今日この頃だが、この美観にも増して特筆したいのはズバリ、履き心地である。参考までに使用されるソールはVIBRAM社の#700ソールで、シチュエーションを問わず足元をサポートしてくれるオールマイティーな選択。ラストは#55で程よい高さのヒールもジェントルなデザインを際立てるファクターである。足裏の土踏まずにピタリとフィットするアーチイーズの効いた履き心地はWHITE’Sの真骨頂だ。

 

最上のマテリアルをハンドメイドで仕立てた堅牢な設計は、反面ペアで約2.2kgというヘビーな重さにも反映されるが、ひとたび着用すればその重量を微塵も感じさせないのがWHITE’SのWHITE’Sたる所以。またアッパーレザーとシングル・ミッドソール、VIBRAM社の#700ソールをハンドソーンウェルテッド(手縫)とステッチダウンを駆使してガッチリと縫い上げるのもWHITE’Sの流儀。これにより生まれるコバのダブルステッチは、優れた耐久性を担保する必然に紐づく機能美と言えよう。