DIARY

7 MONTH ATFER / SEMI-DRESS

By 2020年7月22日 No Comments

今年初頭から愛用しているSEMI-DRESSが7ヶ月目に突入。ご覧のとおり実にいい塩梅にヤレてきただけでなく、足馴染みも申し分なし。最上のマテリアルをハンドメイドで仕立てた堅牢な設計は、反面ペアで約2.2kgというヘビー級の重さにも反映されるが、ひとたび着用すれば重量を微塵も感じさせないのも、WHITE’SのWHITE’Sたる所以。他の追従を許さないフィット感の恩恵だ。

アッパーレザーとシングル・ミッドソール、VIBRAM社の#700ソールをハンドソーンウェルテッド(手縫)とステッチダウンを駆使、ガッチリと縫い上げるのがWHITE’Sの流儀。コバのダブルステッチは必然からなる機能美。

ソールはVIBRAM社の#700ソール。シチュエーションを問わず足元をサポートしてくれるオールマイティーな選択だ。ラストは#55で程よい高さのヒールがジェントルなデザインを際立てる。アーチイーズの効いた履き心地もWHITE’Sならでは。

 

過酷な現場で真価を発揮するワークブーツの王SMOKE JUMPERに対し、デスクワーカーをターゲットに開発、医者や弁護士にも重宝されたと言われているSEMI-DRESS 。ワークとドレスの中間的存在ゆえ、営業職や接客業でも違和感なく着用できる万能種といえよう。無論、オシャレにも敏感なBikerにもオススメだ。

photographs:Kentaro Yamada